NO IMAGE

揺れる想い

作曲は織田哲郎さんですが、同時期にヒットを飛ばしていた作曲家と言いますと、小室哲哉さんが思い浮かびますが、織田さんは小室さんとは少しばかり雰囲気が違っているように感じていました。どう違うか、と言いますと、小室さんほど「売れたい」「名を成したい」という欲望が強くない感じです。あくまで僕の個人的な感想ですが、あまり前面に出るのは好きではない印象も受けていました。

NO IMAGE

メロディー

この出だしで「メロディー」が主役であることが伝わってきます。玉置さんのお師匠さんは井上陽水さんなのですが、バンド時代に井上さんの前座を務めていたそうです。二人で歌っている「夏の終わりのハーモニー」は絶品ですが、これほど歌声が合っている人はいないでしょう。

NO IMAGE

さらば青春

その番組の主題歌が小椋佳さん作詞作曲で主演の中村雅俊さんが歌ってヒットして「俺たちの旅」でした。それがきっかけで小椋さんに興味を持ち、「さらば青春」にたどり着くことになります。小椋さんに興味を持ち、いろいろな情報に接していきますと、小椋さんはなんと東大出身で当時の学生人気度抜群の日本勧業銀行(現在のみずほ銀行)に勤めていることを知りました。

NO IMAGE

神田川

レコード大賞受賞という華やかな舞台が嫌いで、山籠もりをしていた人が日本作詩家協会会長やJASRAC理事に就くはずがない、と思ったからです。そこで確認したところ、襟裳岬を作詞したのは喜多条さんではなく「岡本まさみ」さんという方でした。岡本さんもヒット曲を連発している作詞家で、多くの有名どころのフォークシンガーに作詞を提供していた方です。

NO IMAGE

春雷

この歌は、「ふきのとう」さんの歌にしては珍しくテンポが早いロック調と言っていいのかわかりませんが、とにかく「ふきのとう」さんの得意とするセンチメンタル調ではなく、リズム感にあふれた躍動的なメロディーが展開しています。いわゆる「ノリノリ」しやすい歌なのです。

NO IMAGE

この歌を聴いて最初に感じるのは、竹内さんがとても丁寧に歌っていることです。同じ感想を持っているのが吉田拓郎さんですが、あれだけベテランで大御所であるにもかかわらず、吉田さんはメロディーを崩すことがなく、原型に忠実にメロディーを歌っています。 ですが、竹内さんや吉田さん、小田和正さん、竹内さんの旦那さんである山下達郎さんたちは、いつも譜面通りに歌っています。素人である僕などからしますと、最初に聴いたメロディーが気に入って好きになったのに、メロディーが変わってしまっては「違う楽曲じゃん」と思ってしまいます。

NO IMAGE

永遠の嘘をついてくれ

「ファイト!」を歌うときの拓郎さんの歌いっぷりは字余りの雰囲気からして、拓郎さんに似あっている歌という印象でした。そのイメージがありましたので、「永遠に嘘をついてくれ」も偶然そうなったのかと思っていました。ところが、今回中島さんが拓郎さん向けとして作ったことを知り、驚いたのですが、意識的にそうしたことができるなんて、やはり、中島さんは天才ですよね。

NO IMAGE

制服

心に染みこむ最大の理由は作詞が松本隆さんで作曲がユーミンこと松任谷由実さんだからです。当時は結婚前ですので荒井由美さんだったように思いますが、「呉田軽穂」というペンネームを使ったところにユーミンさんの心意気が出ています。 当時、僕が「世の中で一番きれいな人」は、イングリッド・バーグマンさんだと思っていたのですが、スウェーデン出身の、「切なさ」と「憂い」を帯びた表情で右に出るものはいないと強く強く思っていたものです。ユーミンさんがペンネームにした「グレタ・ガルボ」さんはバーグマンさんよりもさらに一世代前の絶世に美人だったと思いますが、僕からしますとちょっと「キツイ」人というイメージがありました。コウマンチキ系の美人が好きという人にはもってこいの美人です。

NO IMAGE

ディープ・パープル

「ペガサスの朝」はチョコレート会社のCMソングに使われたことで売れた、と僕は思っているのですが、僕からしますと、この歌のほうが断然よい歌です。なので大ヒットはしませんでしたが、それは世の中が悪いのであって、僕や五十嵐さんが悪いわけではありません。(^_-)-☆ 「むくわれないものが好き」ってとこが、僕は好きです。世の中自分の思い通りになんてなることのほうが少ないんだから、最初からそういうものが好きっていう発想がいいですよね。この歌詞を書いた「ちあき哲也」さんは、ほかにどんな歌詞を作ってるのかぁって調べたら、僕が知っているのでは少年隊の「仮面舞踏会」を作詞していました。この歌も普通とはちょっと感じが違った内容でいいです。この方のセンスのよさが伝わってきます。

NO IMAGE

大阪で生まれた女

たまたま先日ショーケンさんについて書いてある記事を目にしたのですが、きっかけはアントニオ猪木さんの闘病している姿をテレビで見かけたからです。あの闘魂の塊のような方が闘病している姿は感動物です。ミスタープロ野球の代名詞となっている長嶋茂雄さんにも当てはまるのですが、世の中にでて社会に影響力を持っている人が、自分が輝いてる姿だけではなく、言い方は悪いですが無様でみっともない姿も面前に晒そうとしている姿勢には感激します。