NO IMAGE

YOU CHANGED YOUR MIND

前にも書きましたが、長渕さんは1993年頃までが好きです。それ以降は歌い方が変わってしまいましたので、あまり共感はしないのです。だって、まったく違う歌になっていますから…。 さて、この歌のタイトルを日本語にしますと、「君は気持ちが変わった」となるのですが、僕からしますと、まさに長渕さんが変わってしまったよなぁ、という思いです。変わる前の長渕さんは本当によかった。

NO IMAGE

恋のおちて

それでもこの歌自体はなんども聴いていましたし、タクシーでもラジオを聴くことは多々ありましたのでこの楽曲のことはもちろん知っています。ウキペディアによりますと、作詞の湯川さんの実体験とのことですが、そんなことを書かれちゃ旦那さまは立つ瀬がありません。 ですが、ウキペディアによりますと、実際は旦那様のほうが愛人とか隠し子がいたそうで、離婚に至っているようです。湯川さんの「実体験」ということですので、もしかすると当時お二人はダブル不倫だったのかもしれませんね。本当に愛とか結婚って難しいですよね。

NO IMAGE

地下鉄に乗って

僕からしますと、その姿勢は「だれか喧嘩をうってこないかな」といつも頭の中で考えているような戦闘的な外見に見えました。ある日、S君と地下鉄の入り口に入ろうとしていると、突然脇から学ランのツッパリふうの学生があらわれました。そして、S君の腕をつかむと入口横の空き地に引っ張っていきました。 S君がいつも待っていた「喧嘩の相手」です。

NO IMAGE

君は天然色

なにかのときに作詞家の松本隆さんの自伝を読んでいたのですが、その中で大瀧さんのことに触れていました。70年代の音楽に「通」の人は詳しいのでしょうが、僕は「通」ではありませんでしたので、松本さんの自伝を読んで初めて大瀧さんと松本さんは「はっぴえんど」というバンドで一緒だったことを知りました。

NO IMAGE

OUR HISTORY AGAIN -時の彼方に

♪金が仇の世の中で  この歌詞、すごいですよね。よくもこんな表現が思いついたものだと感心、尊敬します。「金」を「仇」とするだけで、お金に対する自らの立ち位置、考え方を表しています。これを天才といわずなんと言いましょう。阿木さんは宇崎さんがバンドデビューしたからこその作詞家デビューと推測しますが、宇崎さんは阿木さんの才能を見抜いていたのでしょうか。たぶん、そうでしょう。

NO IMAGE

はぐれそうな天使

上記のように、この歌は来生たかおさん、えつこさんが弟姉コンビで作っていますので来生たかおさんが先にリリースしています。それを岡村さんがシングル3曲目としてリリースしているのですが、僕的には来生たかおさんには申し訳ないのですが、岡村さんが歌った楽曲のほうがこの歌詞の魅力を出すことができているように思います。そしてなにより、この歌を岡村さんに勧めたプロデューサーさんの感性も素晴らしいですよね。岡村さんって、雰囲気がそれこそ「はぐれそうな天使」って感じじゃないですか。

NO IMAGE

舟歌

この歌を選んだのは先日八代さんがお亡くなりになったからです。演歌歌手の方々は下積み時代があり、苦労した経験があるからでしょうか。皆さん、人柄がいいように思っています。八代さんももちろんですが、自分が成功したからといってほかの人を見下すこともなく誰にでも分け隔てなく接している印象があります。

NO IMAGE

君と歩いた道

冒頭で「80歳近い老人」がと書きましたが、これは僕が好きなミュージックビデオの映像に出てくるのが「80歳前後のご夫婦」なので、つい書いてしまいました。この歌のMVはyoutubeに幾つか出ているのですが、「80歳前後のご夫婦」のMVは秀逸です。あぜ道を歩く場面だけで人生を映し出しています。これを天才といわずなんといいましょう。この歌の魅力を倍増しているといっても過言ではありません。お見事!